スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネラルウォーターが店頭から消える

コンビニやスーパーからミネラルウォーターのペットボトルが消えている。東京都など各地で、一時的に食品衛生法の基準を超える放射性物質が検出されたためだ。

ただ、現在のところ飲んではいけないという制限が出たのは乳児を対象とするもの。成人ではない。それでも、22日に発表した東京都では、その直後から問い合わせが殺到し、電話がつながらなくなった。「もうパニックでした」と、職員の一人はこぼした。

24日の会見で、あきれて見せたのは石原慎太郎東京都知事だった。「私の家内も近くの店に行ったら売り切れだというので、冗談じゃない、水道の水を飲めばいいって言ったんですけどね」。

25日にも、海江田万里経産相が「ミネラルウォーターは買い控えてほしい」と、呼びかけた。

それでもミネラルウォーターの買いだめは止まらない。東京・港区のドラッグストアーでは「水は地震後にオフィスの保存食として2リットルボトルを箱買いする人が多く、一時品切れになった。放射性物質が検出されたというニュースの後は、500mlの小さなボトルでも、1本、2本と買い求めるお客様が多くなった」という。

店頭にはジュース類は並んでいるのに、ミネラルウォーターだけがなくなっている。これでは本当に必要なときに乳児に回すこともできない。東京都が2日間連続でペットボトルを区市に配布したのも、入手困難が背景にある。

ミネラルウォーターを購入する女性(40)に、買い求めるきっかけを尋ねると、逆に問い詰められてしまった。

「飲んでも大丈夫だっていうけど、本当に信じられるの。原子力発電所だって、地震がきても大丈夫って言い続けたじゃない。また新たな数値は出ないって言い切れるの」

政府は国民に冷静な対応を求めているが、不安が広がる根底には、こうした疑問に対して明確な答えが得られない苛立ちがあるのではないか。
《レスポンス 中島みなみ》


http://news.livedoor.com/article/detail/5444924/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


競馬関係者100人に聞いた、池江泰郎厩舎・記憶に残る馬ベスト10
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110327-00000301-playboyz-horse

みんなで協力して、必要なものだけ・・・
スポンサーサイト

「計画停電」で断水も。役に立つ、“きれいな水を溜める容器の代用方法。”

気になるおすすめニュースです。

東北地方太平洋沖地震の影響で東京電力は、「計画停電(輪番停電)」の実施を発表している。停電になるとマンションなどの高層住宅では、断水になる恐れもあるという。水を溜めておく容器にも限りがある場合、代用として身近にあるものを使う方法がある。3月14日の『あさイチ』(NHK総合)では過去に放送した災害時に役立つ情報の中から、今まさに役立つものを何件か再放送した。

次に紹介するものは『阪神・淡路大震災』の被災者の方が実際に実践し、役に立った事例である。いずれも簡単に手に入り、保管しておいても邪魔にならない物を使う方法である。

・「体の熱を逃さずに、寒さに耐えるアイディア」
新聞紙を広げ、横に二つ折りにする。それを体に巻きつけ、その上からサランラップ(食品用ラップフィルム)を巻きつける。サランラップを巻きつける事によって、保温効果が格段にアップするという。番組には被災地で現在、自宅でライフラインの復旧を待っていた方から、「とても役に立った」との意見が入っていた。

・「きれいな水を溜める容器を、代用する方法。」
使っていない40リットルくらいのポリ袋があれば、きれいな水を溜めておくのに大変に重宝する。掃除用のバケツやダンボールの箱にでも、そこにポリ袋を広げて水を溜める。水漏れが心配なら、浴室や台所のシンクに置いておく方が良いだろう。『阪神・淡路大震災』の被災者の方は断水が長く続いて給水車が来ても、水を入れる容器が足りなくて苦労したときに考え出した方法である。

今回幸いにも震災を免れた地域の人たちも、いつ何時自分の身に降りかかってくるか分からない。こんな小さな体験談でも覚えておけば、絶対に役に立つはずだ。そして番組宛には今、被災されている沢山の方々からも身近な役に立つ生活情報を、ぜひ教えてもらいたい。-との声も現場から上がってきていた。記者の私たちも微力ながら、何とか被災者の皆さんのお役に立てる情報を発信して行きたい。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】
・ツイッターで広がるチャリティーの輪。アーティストたちが動き出す。
・一秒でも早く届いて!台湾からの救援物資リスト。(台湾)
・災害時に役立つパソコン用品と作業手順
・「絶対に見捨てない! 」GACKTから広がる「東日本大震災」被災地への支援の輪。
・レディー・ガガが日本の震災者救済リストバンド発売で募金呼びかけ! 「日本の為に祈りを」
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!


http://news.livedoor.com/article/detail/5412979/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


大田の原子炉、東日本大震災で再稼動延期へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000018-yonh-kr

やれる事から、やっていこうと思っています。

東北地方太平洋沖地震に対して、やれることを考えてみました。

2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」などの被害に対して、
義援金による支援を実施されているところを探してみました。

Yahoo!のポイントを使用して募金が出来ます。

Yahoo!基金

http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


楽天市場でもポイントを使って募金が出来ます。


余っているポイントでも募金が出来ます。

私も少ないですが、協力させていただきました。

地震に対し、今すぐネットで効果的な寄付をする方法

気になるおすすめニュースです。

東北地方太平洋沖地震の被害者のために何かしたいが、寄付をするにしても、どこに、どういった手順で寄付すればよいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

ライブドアニュースでは、寄付先候補の一つとしてオンライン寄付のプラットフォーム『JustGiving』をご紹介します。

『JustGiving』は、寄付したい人と、寄付を受け付けているボランティア活動団体とをマッチングするサイトで、代表の佐藤大吾さんは自ら何百のNPOなどの団体と会われ、そのボランティア活動の内容を確認されています。

今回の東北地方太平洋沖地震に対して、『JustGiving』は次の緊急支援ページを用意し、寄付先の候補として、『Civic Force』という、国内の大規模災害時に迅速で効果的な支援を行うための NPO/NGO・企業・政府・行政の連携組織を推薦しています。今回も地震第一報後、早速復興支援に動いています。

『Civic Force』への寄付は、『JustGiving』を通じてインターネットからクレジット決済などによって次のページからすぐに行えます。

・東北地方太平洋沖地震へ緊急支援のチャレンジ
※ページ中段の「このチャレンジに寄付する」を押せばすぐに寄付ができます。
※ページ上の「一緒にチャレンジする」を押すと、新たに自分が寄付を仲間に呼びかけるページがつくれます。

また、この緊急支援で集まった寄付金について、『CIVIC FORCE』へ引渡す際の手数料(システム利用料)については、『JustGiving』を運営する『チャリティ・プラットフォーム』が負担するので、みなさんの寄付がそのまま届く形になります。

ライブドアニュースは『JustGiving』の活動をニュースでお知らせするよう連携していますので、今後も引き続き『東北地方太平洋沖地震』関連の効果的な活動があればお知らせします。



http://news.livedoor.com/article/detail/5408680/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


成田・羽田空港の運航再開、仙台と茨城はまだ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000005-yonh-kr

一日も早い復旧をのぞみます。

【地震】NTT東日本、東北6県で公衆電話を無料開放

写真拡大NTT広報室のツイート  NTT東日本は、東北6県(福島県、山形県、岩手県、宮城県、秋田県、青森県)全域の公衆電話を無料で利用できると発表。

 また通信サービスの状況について「東京、茨城、栃木、福島、山形、岩手、宮城方面に向け、交換機の処理能力を超えた通話が集中したため、通話規制を実施しております」としている。

 関連情報はNTT広報室のツイッターアカウントでも随時更新されているようだ。(http://twitter.com/#!/NTTPR)


http://news.livedoor.com/article/detail/5406983/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


宮城沖地震、国際社会から支援申し出相次ぐ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000034-yonh-kr


NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルなどが「災害用伝言板」の運用を開始してます。


▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
→http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html

 伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。

 PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi



▼KDDIの災害用伝言板サービス

 EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。

 安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/



▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
→http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

 Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

 安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/



▼NTT東日本
→http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html

 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。



▼ウィルコムの災害用伝言板
→http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html

 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/

 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/



▼イー・モバイルの災害用伝言板
→http://emobile.jp/service/option1.html#saigai

 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

 

安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/




携帯は繋がりにくいですが、スカイプはつながります。

http://www.skype.com/intl/ja/home/
最近の記事
カレンダー&アーカイブ
カテゴリー
楽天市場でお買い物
カウンター
Amazonでお買い物


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。