FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡牝トライアル出走馬1週前の様子

気になるおすすめニュースです。

今週末は牡牝のトライアル重賞、弥生賞とチューリップ賞が行われる。本日はトレセンより報告された出走予定馬の1週前の様子をお伝えしておこう。

【弥生賞】
オールアズワン(牡、栗東・領家)
ここを目標に坂路とコース併用で入念に乗り込まれてきた甲斐あって、仕上がりの良さが目につく。弾力性に富んだ筋肉で覆われているし、トモの張り具合も素晴らしい。動きにしても体がしなって、ゴムマリが弾むような躍動感。気迫も体全身からみなぎっているし、心身ともに張っている状態で、久々ということを全く感じさせない。不安材料を挙げるとすれば、仕上がりが良過ぎてテンションが上がりつつある点。競馬に行っての折り合いだけだろう。

サダムパテック(牡、栗東・西園)
休養前より腰、トモ回りの筋肉が落ちて、薄くなったように感じる。何かこぢんまりと映るし、休ませても馬体が良くなったり、成長したという感じが全くない。もっと体が大きくなって戻って来ても良さそうなものだが…。動きにしても力強さがあまり感じられないし、落ち着きがあるというよりも活気に乏しい印象。疲れがまだとり切れていないのかも。

ショウナンマイティ(牡、栗東・梅田智)
イラついてテンションが高く、寒い時季の割りに鞍下、股から発汗している。その精神面のせいか食べたものが身にならないようで、馬体にボリューム感が出てこない。使うたびに気性面の難しさが増してきているようで、連勝していた頃の雰囲気が感じられない。それだけに長距離輸送がある今回は余計に心配になる。

【チューリップ賞】
ケイティーズジェム(牝、栗東・藤原英)
馬体重は減ってきているのだが、細くなったという感じはない。むしろ鍛えられて研ぎ澄まされてきた、という表現が合うと思う。そのおかげでよりハードな調教がこなせるようになっているし、一番心配していたテンションが上がることもない。いい意味で内面から闘志が湧き出てきている感じ。ここ数戦の中では一番いい状態だと思う。

タガノラヴキセキ(牝、栗東・河内)
バネの利いた軽い走りで、攻め馬の動きは悪くない。ただ、背中から腰にかけて薄く見せているし、筋肉がまだつき切っていない感じ。それにレース間隔が詰まっている割には中間もハードに乗り込まれて馬に負担が掛かっているのか、イライラしている点も気になるところ。年明けにシンザン記念を除外されて、ローテーションに狂いが出た影響が尾を引いているのではないか。本当に良くなるのはもう少し先かもしれない。

メデタシ(牝、栗東・音無)
ディープインパクト産駒らしく細身の体つきをしているが、ハガネのような筋肉で覆われれ、ピンと張り詰めた雰囲気を漂わせている。バネの利いた軽い動きをしているし、気迫にも溢れて闘志が感じられる。大物感こそ感じないのだが、使うたびに良くなってきて、力をつけていることが分かる。

レーヴディソール(牝、栗東・松田博)
筋肉のつき方がこれまでとは違ってきているし。短期放牧明けになるが、相当乗り込まれてきたのだろう。馬体の幅、厚みも以前とは全然違う。体そのものもひと回り大きくなっているようで、牡馬のような逞しさも出てきている。動きにしても完歩がさらに大きくなって、一段とパワーアップした感じ。休養させて桁違いに良くなったとなれば、この馬の「単」は不動だろう。


【POG3歳馬情報、データ、ニュース、メルマガなど「UMAJIN公式サイト:POGページ」では、盛りだくさんのPOG関連情報を毎日更新中。是非アクセスしてみてください!】


http://news.livedoor.com/article/detail/5378733/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


【映画動員ランキング】『ナルニア国物語 第3章』が初登場1位
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000305-oric-movi

次回もお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー&アーカイブ
カテゴリー
楽天市場でお買い物
カウンター
Amazonでお買い物


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。