FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スクープ!】3/17「フィット・シャトル」デビューから見える「トヨタに勝つ!」ためのホンダ 小型ハイブリッド車戦略【特集・コラム:ビジネス・経済】

気になるおすすめニュースです。

フィットシャトルは「1.5リッター」車と「ハイブリッド」車の2タイプをラインナップ
 すでに、ホンダのサイト内でも公開されているフィット・シャトル。このフィット・シャトルの核となるのが、フィット・シャトルハイブリッドだ。おぼろげながら、その概要が見えてきた。ワゴンボディになることで、車両重量がアップ。そのため、フィットの売れ筋であった1.3リッターエンジンの搭載は見送られ、1.5リッターエンジンのみとなる予定。さらに、ホンダの軽量コンパクトハイブリッドシステムIMAが搭載される1.3リッターのハイブリッド車の2タイプが用意されるという。
 フィット・シャトルとなると、フィットの後部をチョンチョンと伸ばせばいい程度でしょ。と、思うかもしれない。しかし、ホンダの技術力は、単純なボディの延長では終っていないようだ。なんと、燃費悪化の原因になる車両重量のアップというハンデをものともせずに、なんと現状のフィット・ハイブリッドと同等の燃費性能を達成したという。ハイブリッド技術を出しておしまいということではなく、さらに進化させるホンダの技術力には脱帽モノである。
 トヨタがプリウスのワゴン版となる「プリウスV」や3列シート版「プリウス+」、「レクサスCT200h」など多様化を進める背景には、フィットをベースとしたホンダのハイブリッド多様化戦略に大きな影響を受けている。ホンダは、インサイトをデビューさせた後、スポーツカーとハイブリッドシステムの融合であるCR-Zをデビューさせ、コンパクトカーの代名詞といえるフィット・ハイブリッドに。そして、今回フィット・シャトルハイブリッドをデビューさせる。さらに、噂では同じフィットベースで人気の小型スペース系であるフリードにもハイブリッドシステムを搭載するというのだ。もちろん、同じフィット系のプラットフォームという理由もあるが、これは、マーケットのニーズを色濃く反映させたものだ。
ダウンサイジングユーザーを一手に引き受けるホンダの小型車戦略とは
 日本のマーケットは、全体にシュリンク傾向にある。しかし、その中でも好調なのがフィットなどを中心とした小型車マーケット。エントリーモデルや経済性はもちろんのこと、中型セダンやミニバンといったユーザーからのダウンサイジングの潮流も見逃せない。とくに、ダウンサイザーの多くは、ハイブリッド車に注目が向くという。トヨタやホンダの関係者が異口同音で答えるのが「ダウンサイザーには、ハイブリッドだからという理由が必要」。つまり、経済的理由だけでコンパクトカーに乗り換えるのではないという理由付けなのだ。そういう意味で、そんなダウンサイザーの受け皿として、ハイブリッド車は重要ということになる。今回のフィット・シャトルハイブリッドも、フィットじゃちょっと積載能力が足りないよね、と思うダウンサイザーをピックアップするためのものでもあるのだ。
 プリウスVSインサイトで話題になったハイブリッド戦争は、プリウスの圧倒的勝利に終った。しかし、フィット系の小型ハイブリッド戦略では、スピードと価格、そして多様化ニーズでホンダが一歩リードしている。トヨタは、ますますヴィッツ級のハイブリッド車登場のスピードアップが望まれる。


http://news.livedoor.com/article/detail/5358493/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


【ホンダ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110206-00000008-rps-ind

フィットシャトル、エアウェイヴの後継機みたいですね。
エアウェイヴ、あまり人気なかったみたいだけど、居住性抜群の車でしたから期待できますね。
ハイブリットだし、ほしいなぁ。

ちなみにJC08モードで25km/Lだそうです。
燃費だけだとあまり魅力がないけど、3年間高速料金1,000円と考えたら買いですね。

次回もお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー&アーカイブ
カテゴリー
楽天市場でお買い物
カウンター
Amazonでお買い物


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。