FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【弥生賞】サダムパテックが大激戦を制す

気になるおすすめニュースです。

 6日、中山競馬場で行われた皐月賞トライアル・第48回弥生賞(GII、芝2000m)は、単勝2.7倍の1番人気に支持されたサダムパテック(牡3、栗東・西園)が、道中は中団待機から4角で早めに上位進出し、そのまま後続に1/2馬身差をつけて勝利を収めた。勝ちタイムは2分1秒0。

 レースは、テンションが上がってしまいゲート入りに手こずったターゲットマシン(牡3、美浦・宗像)が、2コーナー過ぎで押さえ切れずに逃げたアッパーイースト(牡3、美浦・戸田)からハナを奪う意外な展開に。それでも、先頭に立ってからは落ち着きを取り戻し、前半1000m61秒7というスローペースを演出した。

 好位にプレイ(牡3、美浦・斎藤)、その後方をサダムパテック、デボネア(牡3、栗東・中竹)と注目各馬が追走するも、人気の一角オールアズワン(牡3、栗東・領家)は遅いペースに耐えることができず掛かり気味に進出してしまい、直線入口では失速してしまった。

 直線に入ると、早々にターゲットマシンが失速。一度はハナに立つも2番手で我慢したアッパーイーストが先頭を奪い返すと、直後にいたプレイが脚を伸ばし、内からデボネア、外からサダムパテックも加わり、僅差の大激戦となった。

 最後は、重賞ウィナーのサダムパテックが1/2馬身抜け出してゴール。5頭がハナ+クビ+ハナ+アタマ差で並び大激戦となった2着争いはプレイが残り、3着がデボネアとなった。なお、3番人気に支持されたオールアズワンは8着、2番人気のターゲットマシンは最下位の11着に終わっている。

 配当は単勝270円、馬連2,220円、馬単3,130円、3連複3,780円、3連単18,840円。勝ったサダムパテックは父フジキセキ、母サマーナートシティという血統で、2走前の東京スポーツ杯2歳S以来となる2つめの重賞タイトル獲得となった。

 このレースで3着までに入ったサダムパテック、プレイ、デボネアの3頭には、4月17日に中山競馬場で行なわれる牡馬クラシック一冠目となる第71回皐月賞(GII、芝2000m)の優先出走権が与えられる。

※詳しいレース結果はコチラ



http://news.livedoor.com/article/detail/5392428/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


「ばん馬の手術ミスで出走不能に」馬主が提訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110306-00000416-yom-soci


お父さんのフジキセキが出来なかったクラッシク制覇をしてほしい。
皐月賞に期待ですね。

次回もお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー&アーカイブ
カテゴリー
楽天市場でお買い物
カウンター
Amazonでお買い物


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。