FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリーズレビュー出走馬1週前の様子

気になるおすすめニュースです。

今週末は桜花賞トライアル・フィリーズレビューが行われる。本日はトレセンより報告された出走予定馬の1週前の様子をお伝えしておこう。

エーシンハーバー(牝、栗東・藤岡健)
肩先から胸前にかけて、また背中から腰にかけての肉づきも牝馬とは思えないほど。腹目もドッシリとして重量感が出てきている。トモの蹴りが強く、重心が沈むようなフットワークをしているし、体全体をうまく使えているのでリズム感のある動き。体つき、動き、仕草も堂々としていて、現時点では非の打ち所がない。コジーン産駒だけにこなせる距離に限界はあるかもしれないが、同厩の先輩ワンカラットの3歳時と比較しても、この馬の方が上。

クリアンサス(牝、栗東・松永幹)
シャドーロールを着用するようになってから集中力が出てきているし、重心の低いフットワークで、回転の速い脚捌きもできている。動きに一段とスピード感、躍動感が出てきた。ようやく食べた物が身になってきたようで、体つきにも厚みが増して、体全体を大きく見せるようになってきている。良血馬らしさが出てきた感じで、これからも楽しみがありそう。

ツルマルワンピース(牝、栗東・橋口)
これまではボテっとしたつくりで馬体に緩みが感じられたのだが、大分スッキリとして張りが出てきた。動きにしても切れが出てきて、身のこなしが変わってきている。それに大人し過ぎて、トボケているような感じがあったのが、ここにきて活気が出てきている。気候が暖かくなるにつれて、体調面が上向いてきているのではないか。

ドナウブルー(牝、栗東・石坂)
ひと息入れて立て直し。放牧先で相当乗り込まれていたのかもしれないが、筋肉が落ちて、痩せてしまっているようにも映る。出来上がり過ぎのような気がしなくもない。ただ、ストレスは解消したのか、気負いがなくなって、力むことはなくなっている。落ち着いて折り合い良く走れているし、伸び伸びとした動き。精神面の変化はレースでいい方に出るかもしれないが、体つきは成長が感じられない。ひと叩きで中身が詰まってくれば変わるかもしれないが、今回は不安の方が大きい。

モアグレイス(牝、栗東・西園)
いい筋肉がついて、馬体に幅、厚みが増し、華奢な感じがなくなってきた。動きにもよりスピード感が出て、パワーアップしているよう。気迫、闘志も感じられて、前向きさも出てきたようだ。心身ともに成長が感じられるし、放牧明けでもいきなりから走れる態勢は整っていると思う。


【POG3歳馬情報、データ、ニュース、メルマガなど「UMAJIN公式サイト:POGページ」では、盛りだくさんのPOG関連情報を毎日更新中。是非アクセスしてみてください!】




http://news.livedoor.com/article/detail/5396751/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


日経平均が小反発、リビア情勢と原油価格にらみ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110308-00000698-reu-bus_all

レーヴに勝てる馬がどっかにいないですかねぇ・・・

次回もお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
カレンダー&アーカイブ
カテゴリー
楽天市場でお買い物
カウンター
Amazonでお買い物


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。